佐沼屋呉服店の着物(きもの)講座「二十四節季」

きもの講座 | 日本文化の豆知識 二十四節季

日本の暦二十四節季|四季を感じる

二十四節気は、今でも立春、春分、夏至など、季節を表す言葉として用いられています。1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたもので、「節または節気」と「気中または中気」が交互にあります。太陰太陽暦(旧暦)の閏月を設ける基準となっており、中気のない月を閏月としていました。二十四節気は、その年によって1日程度前後することがあります。

二十四節季の二十四節季について

季節の指標二十四節季|二十四節季について

立春 2月4日頃
立春は春の始まり。立春を過ぎてから初めて吹く風は「春一番」。

雨水 2月19日頃
降り積もった雪が溶けだす頃。流れ出す雪溶け水に春の足音を感じます。

啓蟄 3月6日頃
冬ごもりから目覚めた虫が顔を出す頃。日差しも春めき、生き物が活動します。

春分 3月21日頃
昼夜の長さがほぼ同じになる日。この日を境に太陽の傾きが遅くなります。

清明 4月5日頃
清明は「清浄明潔」のことで、万物が汚れなく清らかで生き生きしているという意味です。

穀雨 4月20日頃
春の柔らかな雨に農作物がうるおいます。この時期に農作物の種をまくと、よく成長するといわれています。

立夏 5月6日頃
この日から立秋の前日までが暦の上では夏となります。

小満 5月21日頃
農家では田植えの準備を始める頃。

芒種 6月6日頃
田植えの目安とされ、農家が忙しくなる時期。梅雨入りも間近で少し蒸し暑くなってきます。

夏至 6月21日頃
北半球では、太陽が最も高く昇り1年で最も昼が長い日です。夏至を過ぎると本格的な夏がやってきます。

小暑 7月7日頃
小暑と大暑を合わせたおよそ1か月を「暑中」といい、「暑中見舞い」を出す期間とされています。

大暑 7月23日頃
土用の丑の日が近いので夏バテ防止にうなぎを食べたりする頃です。

立秋 8月7日頃
この日から暦の上では秋となります。立秋を過ぎたら「暑中見舞い」は「残暑見舞い」に変わります。

処暑 8月23日頃
朝晩の涼しさに初秋の息遣いを感じる頃です。

白露 9月8日頃
秋が深まり、草花に朝露がつきはじめる頃。空は高くなり、秋の到来です。

秋分 9月23日頃
昼夜の長さがほぼ同じになる日で、この日を境に日が短くなり、秋の夜長に向かいます。

寒露 10月8日頃
草木に冷たい露が降りる頃という意味です。秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。

霜降 10月23日頃
早朝に霜が降りはじめる頃。晩秋を迎え、山々は紅葉に染まります。

立冬 11月7日頃
この日から立春の前日までが暦の上では冬となります。

小雪 11月22日頃
木々の葉が落ち、山には初雪が舞い始める頃。冬の入口にあたります。

大雪 12月7日頃
山の峰々は雪をかぶり、平地にも雪が降る頃です。本格的な冬の到来です。

冬至 12月22日頃
太陽が最も低い位置にあり、1年で最も夜が長く、昼が短い日です。冬至かぼちゃ、冬至がゆ、柚子湯などで、厄払いや無病息災を願う風習があります。

小寒 1月5日頃
池や川の氷も厚みを増し、寒さが厳しくなる頃。「寒の入り」といい、寒さの始まりを意味します。

大寒 1月20日頃
冷え込みもはげしく、寒さが最も厳しい頃。二十四節気の最後の節気です。

Learn Kimonoきもの講座日本文化の豆知識

香道

書道

写経

和の情報と着物総合雑誌「るると」無料プレゼント

和の情報と着物総合雑誌
「るると」無料プレゼント

着物の「基本」から「楽しみ方」まで、着物に関する最新情報と疑問にお答えする着物総合雑誌「るると」、最新号を無料プレゼント!

申し込みはこちら