佐沼屋呉服店の着物(きもの)講座「沖縄染織」

きもの講座 | 産地をたずねて 沖縄染織 Okinawa Senshoku

王朝文化から生まれた染織

沖縄では、気候や交易の歴史から多様な染織が生まれてきました。

亜熱帯気候のため織物・染料の材料となった植物が豊富なこと、
琉球王朝時代の中国との交易、王朝や薩摩藩への貢納布があった歴史を通じ、独自の織物へ発展してきました。

現在では、紅型・琉球絣をはじめ、読谷山花織・与那国花織・久米島紬・宮古上布など13種の染織がつくられています。
その中から、唯一の染めである「紅型」と織りの代表「琉球絣」をピックアップして紹介します。

沖縄染織の紅型

大胆な
モチーフと色彩
沖縄染織|紅型

沖縄の染織と聞いて多くの人がはじめにイメージするのは「紅型」ではないでしょうか。
琉球王朝時代、紅型は王家や身分の高い士族の衣服であり、舞踏の衣装でもありました。

紅型の「紅」は色を、「型」は模様のことを指しています。
特徴的な鮮やかな色は、赤・黄・青・紫・緑・黒の六つの色を基本とし、混色することで多彩な表現を可能にしています。模様は、伝統的な定番模様のほか、貝や海、魚、草花、鳥など身近なものをモチーフとしています。
 

沖縄染織の絣

独創的な絣模様沖縄染織|絣

沖縄本島・南風原町一帯で作られる絣織物は琉球絣と呼ばれています。
素朴で繊細な技法はもともとインドから始まり、東南アジアに広まり、沖縄には14-15世紀頃に貿易によって伝わったとされています。

染めと織り、手間と暇をかけて出来上がる繊細な琉球絣は「日本のかすりの源流」ともいわれ、琉球王朝時代の「御絵図帳」にある約600種類の図案が使われています。 かつては木綿の紺絣が主流でしたが、現在は絹の色絣も増えています。

沖縄染織のまだある沖縄の染織 沖縄染織 日本の染織の原点

日本の染織の原点沖縄染織|まだある沖縄の染織

沖縄の染織は日本の染織の原点と言われています。
絣はインドから始まって東南アジアに広まり、
沖縄には14-15世紀頃に貿易によって伝わった後に
その後日本に伝わりました。

沖縄は日本の染織の原点であり、宝庫でもあるのです。

Learn Kimonoきもの講座産地をたずねて

西陣織京の優美

加賀友禅一人から生まれる独創性

奄美大島紬日本最古にして世界一精巧

和の情報と着物総合雑誌「るると」無料プレゼント

和の情報と着物総合雑誌
「るると」無料プレゼント

着物の「基本」から「楽しみ方」まで、着物に関する最新情報と疑問にお答えする着物総合雑誌「るると」、最新号を無料プレゼント!

申し込みはこちら