佐沼屋呉服店の着物(きもの)講座「加賀友禅」

きもの講座 | 産地をたずねて 加賀友禅 Kaga Yuzen

一人から生まれる独創性

加賀友禅の特徴は、下絵から彩色までを一人で行う作家性の強い染め物です。 師匠の元で図案作成、下絵、糊を置く、彩色など製作工程の大半を独立できるよう修行を重ねます。 現在の作家作品には、自然を愛でながら伝統の匂いを残しつつ、大胆なデザインや華やかな色使いの個性的な作品が多くみられます。

ほかの友禅とは違い、箔置や刺繍、絞りを併用せず、手描きの染めだけで奥行きや立体感、季節感や華やかさなどのすべてを表現します。 その卓越した描写手法によって、シンプルでありながらも緻密で絵画的な印象が強くなるのです。

加賀友禅の品質 加賀友禅 磨かれた染め技術

磨かれた染め技術加賀友禅|品質

加賀百万石の城下町だった金沢市を中心に産する手描き友禅染。
加賀友禅の歴史は、今からおよそ500年前、加賀の国独特の染め技法であった無地染の「梅染」に遡ります。加賀の染めはそれに加え、多彩な「御所紋(現在の加賀紋)」があり、染めが発展するに理想的な土壌がありました。

この伝統に晩年は加賀に移り住んだといわれる京友禅の創始者、 宮崎友禅斎が糸目糊の技法を加え、現在の加賀友禅が生まれたとされています。 その後、武家文化のなかで培われ、多くの名工を輩出してきました。

加賀友禅の素材

彩と技加賀友禅|素材

臙脂・藍・黄土・草・古代紫(または墨)を基調とした五色を「加賀五彩」と呼びます。
落ち着きのある色に、模様の外から内へ向かって淡くしていく「先ぼかし」や 木の葉などの模様に墨色の点で描く「虫食い」といった独特な表現技法が合わさって描き出す緻密で写実的な草花模様は豊かな彩の世界を創り出します。

Learn Kimonoきもの講座産地をたずねて

結城紬

結城紬日本の絹織物の原点、
最高峰の布。

西陣織京の優美

沖縄染織王朝文化から生まれた染織

和の情報と着物総合雑誌「るると」無料プレゼント

和の情報と着物総合雑誌
「るると」無料プレゼント

着物の「基本」から「楽しみ方」まで、着物に関する最新情報と疑問にお答えする着物総合雑誌「るると」、最新号を無料プレゼント!

申し込みはこちら