地元情報|霞ヶ浦観光帆引き船

地元情報|地元のイベント 霞ヶ浦観光帆引き船

今年も霞ヶ浦を舞台に、「観光帆引き船」が操業を開始します。

風力を利用して網を引っ張る帆引き漁法、明治13年にかすみがうら市の漁師・ 折本良平が考案。それまで20人以上必要だった船が2人で操業できるようになり、漁民の暮らしを大いに安定させました。昭和40年代にはいったん廃れたものの、観光帆引き船として復活。霞ヶ浦沿岸の3市から遊覧船が出航し、湖上で眺めることができます。

平成30年3月「霞ヶ浦の帆引き網漁の技術」が国選択無形民俗文化財に選定されました。
〈引用〉観光いばらき
https://www.ibarakiguide.jp/seasons/recommend/kasumigaura-hobikisen.html