地元情報|企画展「日本画の150年 明治から現代へ」

地元情報| 企画展「日本画の150年 明治から現代へ」

茨城県近代美術館で、
企画展「日本画の150年 明治から現代へ」が開催されます。

幕末から明治にかけ、
西洋絵画が本格的に紹介されるようになると、
人々は西洋絵画の「写実的」な表現に驚かされたそうです。

岩絵具、和紙といった日本で愛されている伝統的な画材を使用しながらも、
西洋絵画的表現を取り入れ、新しい時代にふさわしい新たな日本画の
創造を目指す画家たちが多く現れました。

企画展「日本画の150年 明治から現代へ」では、
日本独自の伝統や技法に基づきながらも新しい表現を模索し、
時代を切り開いてきた画家たちの作品から、
明治〜現代に至るまでの日本画150年の流れをたどることが出来ます。
【茨城県近代美術館】

昭和63年10月に、日本三名園の一つである偕楽園より続いている
水戸市千波湖のほとりに「芸術・文」を親しむ美術館として開館しました。

緑青色の銅板葺きの屋根、そして
茶色の自然石からなる自然と調和するデザインの外壁で、
周囲の美しい景観にマッチした大きな建物となっております。

 茨城県にゆかりのある横山大観・小川芋銭・中村彝などの作家に加え、
モネ、ルノワールらなどの西洋作家作品、国内外の優れた作品約4,000点を収蔵しております。
巡る季節や、取り上げるテーマに沿って展示しております。

佐沼屋呉服店は、 茨城県龍ケ崎市・牛久市・阿見町・稲敷市・
美浦村・常総市・河内町・利根町・取手市・守谷市・
つくばみらい市・土浦市・つくば市などで
着物を選ぶお手伝いをさせて頂いております。
 皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております!