佐沼屋呉服店|着物を着る「きものは帯で!」

きものを着る|シーン別の着物 きものは帯で! obi

きもの姿をさらに優美

きものを着る際に、帯は欠かせません。
帯にもたくさんの種類があり、きものとの組み合わせを考えるのもひとつの楽しみです。 きものにあった優雅な帯は、きもの姿をより一層上品に魅せてくれます。

きものは帯で!の紋屋井関 きものは帯で! 西陣織の頂点に立つ紋屋井関

西陣織の頂点に立つ紋屋井関

紋屋井関

日本で初めて紋織物を空引機で織り上げてから500年。
御寮織物司であり、禁裏装束の製織や公家の装束、
将軍・大名達の衣料等を明治維新まで織り続けました。 最高の技術と意匠を伝えてきた逸品物といえます。

きものは帯で!の大庭の袋帯

「特別」へ引き立てる

大庭の袋帯

京都・西陣で大庭の帯はつくられています。
織り上がりそのままの風合いで、軽く薄く、
絹鳴りの音も味わえ、思い通りの帯結びができ、
着物をさらに引き立たせてくれます。
鳳凰印が目印です。

きものは帯で!の桝屋髙尾 きものは帯で! 光の煌めき

光の煌めき

桝屋髙尾

京都・西陣織の帯
箔が巻き込まれたねん金糸により織られた作品は、
複雑な色合いを持ち、
光によってより一層輝きを放ちます。

シーン別の着物Kimono Scene