佐沼屋呉服店のお知らせ「夏のきもののお手入れ」

夏のきもののお手入れ

きものを長く着るためには、適切なお手入れが必要です。特に夏場は、きものを着たあとのお手入れやクリーニングを丁寧に行うことで、傷みを軽減し綺麗な状態で着用し続けることができます! 今回は、夏のきものの着用後の正しいお手入れ方法をご紹介します。

1 着用後はハンガーで陰干し

きものは、脱衣後はすぐにハンガーにかけましょう。すぐに畳んでしまうのは、きものを傷める原因となります。湿気を除去するために、日の当たらない風通しの良い場所で半日ほど陰干しをするのがポイントです。この際に、汚れやすい衿や袖口、裾にファンデージョンや食べ物、砂などの汚れがついていないかを丁寧に確認しましょう。

2 ホコリを取り除くためにブラッシング

汚れだけでなくホコリも、きものを傷める大きな要因の一つです。ホコリが付着したままになっていると、生地の劣化が早まってしまいます。衣類用のブラシがない場合は、目が荒いタオルを小さめに畳み、上から下へゆっくりと動かし、ブラッシングしましょう。

◎自宅でシミ抜きをしたい場合

シミ、汚れ落としはきもの専門店で対応してもらうのが最善策ですが、
緊急の止むを得ない事情がある場合などは、下記の手順でお手入れすることをおすすめします。

①汚れ落としには、「リグロイン」の使用をお勧めします。揮発性が低く、生地を傷めにくい特性を持っているからです。
②タオルを2枚用意し、1枚を生地の下へ、もう一枚にリグロインをつけ、汚れ落としに使用します。
この際、タオルは柔らかくキメの細かいものを使いましょう。
③擦らずに「叩く」イメージで汚れの箇所を押さえてください。
④汚れ、シミから外側に向けてぼかすように叩くと、輪染みができにくいです。
⑤自然乾燥で乾くまで放置します。

◎帯のお手入れについて

帯に汚れやシミがあった場合は、自己処理ではなく、プロのきもの専門店の方にお任せすることをおすすめします。帯は織物ですので、きものと同じ要領でシミ抜き行ってしまうと、大きく損傷する可能性があります。
お店に持っていくまでの応急処置は、湿気のない乾いたところに移し保管することがポイントです。できるだけ熱さず、擦らず、拡げないことを意識しましょう。

夏場は汗や、汗で落ちたファンデーション、溶けやすい食べ物による汚れ、シミなど、きものが傷みやすい環境が続く季節です。
正しいお手入れを行い、お気に入りのきものを長く着られるようにしましょう。

NEWS佐沼屋ニュース