佐沼屋呉服店のお知らせ「きものの畳み方特集」

きものの畳み方特集

 

 

今回は、きものの畳み方についてご紹介します。

 

きものには様々な畳み方がこざいますが、

今回はスタンダードな畳み方の方法をお伝えします。

 

また、長襦袢も同様畳んで保管する場合が多くございますので、

合わせて長襦袢の畳み方もご紹介いたします。

 

【畳む前の事前準備】

 

◎敷物を用意する

 

きものを畳む際に汚れを防止するために、

きものを畳む場所に大きなたとう紙や風呂敷などの布を敷きましょう。

きものを置いたときに、すっぽりとおさまるくらいの大きさのものを

おすすめします。

 

◎汚れにくい場所を確保する

 

しみなどがつきにくく、できるだけ埃の少ない場所を

選びましょう

 

埃を巻き込んできものを畳んでしまうと、

そのまま保管することになってしまい、

きものの傷みの原因となります。

 

【畳み方】

1 ご自身から見て、裾が右、衿が左にくるよう広げ、きものを置きます。

 

2 下身頃の袖を、きものの下へ折ります。袖付け線の両端を持ち折ります。

 

3 下前身頃を、わき線が真っ直ぐ直線になるようしっかりと整えます。

 

4 衿先の端、衿の上端をつまんで折り曲げます。

 

5 衿の上端と衿先をつまんで持ち上げて、手前に折ります。

 

6 袵を前部分に折り返して、裾線が直線になるよう整頓します。

 

7 衿の上端と衿先を重ね合わせます。

 

8 衿を折り目に沿わせ調整した後に、褄下も引き寄せ綺麗に揃えます。

 

9 袖付け付近と裾を持って、わき縫いを重ねるような形で引き寄せます。

 

10 左袖を身頃に揃えます。裾を持ち上げた状態で、身頃を折ります。

 

11 全体的にしわが寄っていないか確認した後にたとう紙に入れ、収納します。

 

【長襦袢のたたみ方】

1 裾を右側にして広げて、両脇の縫い目を折り重ねます。

 

2 右脇の縫い目がぴったりと中心にくるように折ります。

 

3 袖口を1〜2㎝控え、折り返します。

 

4 左側も同様に畳みます。

 

5 身丈を2つに折り畳み、完成です。

 

佐沼屋呉服店は、

茨城県龍ケ崎市・牛久市・阿見町・稲敷市・美浦村・常総市・河内町・利根町・取手市・守谷市・つくばみらい市・土浦市・つくば市などで着物を選ぶお手伝いをさせて頂いております。

 皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております!

 

Comments

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

CAPTCHA


NEWS佐沼屋ニュース