佐沼屋呉服店のお知らせ「東京国立博物館「きもの展」」

東京国立博物館「きもの展」

東京国立博物館にて「きもの展」が開催されています。

きもの展では、
信長・秀吉・家康や篤姫など歴史上の著名人が着用していたきもの
尾形光琳直筆の小袖「観楓図屛風」(かんぷうずびょうぶ)
「婦女遊楽図屛風」(ふじょゆうらくずびょうぶ)
「松浦屛風」(まつうらびょうぶ)などきものが描かれた国宝の絵画作品
現代デザイナーによる洗練された新しいきもの

などの約300作品を一堂に展示しています。

会期 2020年6月30日(火)~8月23日(日)
前期展示 6月30日(火)~7月26日(日)
後期展示 7月28日(火)~8月23日(日)

 

◎展示構成

展示構成

1章 モードの誕生
2章 京モード 江戸モード
3章 男の美学
4章 モダニズムきもの
5章 KIMONOの現在

の5章からなっています。きもの展の根幹となる構成について、概要、展示作品などを
少しずつご紹介します。

 

1章 モードの誕生

室町時代から江戸時代の初期にかけて描かれた女性の肖像画、風俗図屛風、
そして安土桃山時代の小袖から、当時の華やかで繊細なファッション文化を表現しています。

 

2章 京モード 江戸モード
江戸時代中期には、尾形光琳のような著名な絵師に模様をデザインさせた小袖や、浮世絵師たちの描く美人画が直接的にファッションカルチャーに影響を与え始めました。
少しずつ変化していくきものの文化を確かめることができます。

 

3章 男の美学
3章では、戦国武将の衣装や友禅染で鮮やかなデザインが施された若衆の振袖、細密な刺繡や更紗を用いてつくられた間着、刺青のような模様を施した火消半纏(ひけしばんてん)などを展示しています。戦国時代の、勇敢で熱い心を持った男性たちの心情を直に感じられます。

 

4章 モダニズムきもの
文明開化後、西欧風のモダンなデザインや模様が日本でも流行し、アール・デコ調の柄など、ヨーロッパのモードにリンクしたきものが登場しはじめました。

 

5章 KIMONOの現在
現代の進化したグラフィックデザインをベースとしたきもの、新しいスタイルの染織作家も多く現れている「今」のきもの文化が展示されています。岡本太郎をはじめとする現代アーティストが手掛けるきものを見ることができます。

 

鎌倉時代から現代までを通覧することのできる大規模なきもの展。
開催日残り僅かですが、是非足を運んでみてください。

NEWS佐沼屋ニュース