佐沼屋呉服店のお知らせ「大島紬のきものについて」

大島紬のきものについて

今回は、大島紬のきものをご紹介します♪

◎起源
大島紬の起源は1800年ほど前まで遡ります。日本の織物で最古の歴史を持ち
江戸時代に大島紬の原型が確認され、古くから愛されています。

奄美大島に自生する松の実、ヒルギを使用して染められていました。
奄美大島の美しい自然と共に親しまれた織物と言えます。

明治40年に絣糸作りの「締機」が伝わり、
繊細な絣の描き出す細やかな美しさは、日本だけでなく
世界を魅了する芸術作品へと成長してゆきます。

現在では、ゴブラン織り、ペルシャ絨毯と並ぶ
「世界三大織物」の一つとして、精巧な織物と認められています。

江戸時代には、薩摩藩への上納品へとされていました。
当時は紬糸を用いおられていたのが特徴です。

大正時代には絹練糸となり、「紬」という名前飲みが残っています。

◎素材

代表の大島紬「泥大島」の特徴は、
繰り返し車輪梅染と泥染を施すことにより生まれる、渋く艶やかな褐色です。

その渋く深みのある褐色色に染めた糸は稀有な美しさであり、
大島紬「泥大島」の最も特徴的なポイントと言えるでしょう。

150年〜200年着用できる頑丈な織物です。親子2代、3代と長きに渡り愛用できるきものです。
歴史のある大島紬を、是非親子でお召しになりませんか?

佐沼屋呉服店は、茨城県龍ケ崎市・牛久市・阿見町・稲敷市・美浦村・河内町・利根町・
取手市・守谷市・つくばみらい市・土浦市・つくば市などで着物を選ぶお手伝いをさせて頂いております。
皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております!

NEWS佐沼屋ニュース