佐沼屋呉服店のお知らせ「着付け小物の名前と用途のご紹介」

着付け小物の名前と用途のご紹介

 

 

今回は、着付け小物の名前と用途を

ご紹介します。

 

お着付けの際の持ち物チェックなどにも活用していただける内容です。

是非お持ちのアイテムと照らし合わせながら

お読みくださいね。

 

・帯揚げ

帯を結ぶ際に、帯枕を覆い前で結ぶ小さい布。

帯〆と同じく、装飾的な意味合いが強く、柄や色味にこだわる方も多いです。

 

・帯締め

帯の結びがずれないように締める補助紐。

帯を結ぶ目的のほかに、装飾的な意味合いも強いです。

 

・帯枕

帯を結ぶ際、お太鼓の上部の山形を綺麗に整えるため、そして

帯揚の中に入れ形を美しく整えるために使用する枕型の芯。

帯結びの種類により様々なサイズ・型があります。

 

・帯板ウエスト補正

帯じわを防ぎ、帯の前姿を真っ直ぐに美しく仕上げるための板。

ゴムバンド付きのものや板のみのものなど様々なタイプがあり

お好みによって使い分けることが出来ます。

 

・ウエスト補正

帯のお太鼓を美しく仕上げるため、

ウエスト・ヒップのくぼみ部分を補う補正小物です。

 

・コーリンベルト

ゴム紐の両端についたクリップで、着物の上前と下前を挟んで固定し、

衿元の崩れをふせぐことのできる和装小物です。

 

・伊達締め

着付け小物の一つです。

衿元や胸元を整え、着くずれを防ぐために使用します。

伊達巻(だてまき)とも呼ぶこともございます。

 

・マジックベルト

伊達〆と同じ役割の小物です。

マジックテープ構造になっており、着用の際、簡単に止められます。

和装ベルト、着物ベルトという名前でも販売されていることもございます。

 

・三連ひも

振袖などを着用する際に、帯を飾り結びにする場合に使用されます。

三重紐、トリプル紐など様々な呼び方がございます。

 

・衿芯

長襦袢や半襦袢の半衿に「芯」として入れ、

衿の形が崩れないように用いる小物です。

抜いた衣紋(えもん)を美しく保持することにも使用されます。

 

・重ね衿

華やかさを増したい時などに用いる装飾用の華やかな衿です。

着物を重ね着しているように見え、さらに高級感のある

印象になります。

伊達衿(だてえり)とも呼ばれています。

 

・腰紐

きものを整え、形を固定し着崩れを防止するために使用します。

 

以上の和装小物で、きもののお着付けを行うことが出来ます。

こちらの記事を参考にお着付け準備をしてみてくださいね。

 

佐沼屋呉服店は、

茨城県龍ケ崎市・牛久市・阿見町・稲敷市・

美浦村・常総市・河内町・利根町・取手市・守谷市・つくばみらい市・土浦市・つくば市などで

着物を選ぶお手伝いをさせて頂いております。

 皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております!

 

Comments

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

NEWS佐沼屋ニュース