佐沼屋呉服店のお知らせ「夏の和装小物」

夏の和装小物

こんにちは。佐沼屋でございます。

春の日差しがきらめく頃となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は夏の和装小物についてご紹介いたします。

「まだ早い」とお感じになるかもしれませんが、早めのご準備をおすすめいたします。

夏の和装小物は季節に合う組み方やお色を選んでコーディネートを楽しみましょう。

夏の小物の出番は6月中旬から

はじめに、夏の帯揚げと帯締めについてご案内いたします。

<夏の帯揚げ>

夏の小物使いのルールは「素材を合わせること」です。

例えば、半衿が絽なら帯揚げも絽をセレクトしましょう。

絽の帯揚げは夏の和装小物の定番で、帯と同系色で合わせたり反対色を合わせたりと様々なコーディネートが楽しめます。

お色は淡く透明感のある色味がおすすめです。

花や水、空などの夏らしく明るい彩りを添えると、ふんわりとした季節感が漂います。

全体を柔らかい色味で揃えた時は、アクセントとしてほんの少し濃いめの帯揚げを使うのがおすすめです。

装いに締まりが出てスタイリッシュにまとまります。

絽や紗などで素材を合わせると、より涼やかに見えるでしょう。

紗も夏物の帯揚げとして使われる素材です。

<夏の帯締め>

帯締めにも夏仕様のものがあり、レース組はいかにも涼し気で夏にぴったりの和装小物です。

もちろん通年使用できる帯締めもございます。

涼やかなお色やボリュームが控えめな三部紐は夏でも使用することができます。

例えばこのような帯締めはいかがでしょうか。

細い縁取りがあることにより、キリッと引き締まった印象です。

コーディネートのポイントに使いやすそうですね。

涼し気で品のあるアイシーカラーに入れられた白のラインが目を引きます。

柔らかい印象なので、コーディネートをソフトに仕上げてくれそうです。

季節に合わせたお着物選び

最後に、季節に合わせたお着物選びについてご案内いたします。

<お着物の着分け>

お着物は時期によって着分けいたします。

10月から5月までは裏地がついた保温性の高い袷、6月や9月は透けにくい生地を裏地なしで仕立てた単衣、一年で最も暑い7月や8月は透け感のある素材を裏地を使わずに仕立てた薄物といった具合です。

<季節の変わり目に着るお着物>

単衣は季節の変わり目である6月と9月に着るのが一般的です。

ですが最近は昔よりも気温が高くなり、日によっては5月から夏日になることも少なくありません。

季節の変わり目はお着物選びが難しくなりますが、肌襦袢や長襦袢で温度を調節するようにしてください。

気温に合わせて無理のない装いを楽しみましょう。

佐沼屋呉服店は、

茨城県龍ケ崎市・牛久市・阿見町・稲敷市・美浦村・河内町・利根町・取手市・守谷市・つくばみらい市・土浦市・つくば市などで着物を選ぶお手伝いをさせて頂いております。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております!

Comments

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

NEWS佐沼屋ニュース